バストというただ含めるだけの明快プリンを作りました。

彼が周りから、プリンのもとを貰ってきました。何とかこんなのを見極めるのですが、どうも業務用メニューのようです。その実例ボリュームのようで、ポッキリ家族4顧客分の体積だったのでおやつに作りました。味わいはマンゴー味わいでどんなものか魅力でした。

エキスは2つ!プリンのもとといった、乳!以上だ。プリンのもとに乳を入れてまぜるだけです。これは、作ったと言えるのだろうか・・・。お子さんも簡単にできますね。できあがったプリン液を容器に加えるのですが、お子さんの工作モードに残しておいたプリンのカップで、気分を一層プリンにしようと思いつきました。あとは冷蔵庫で2日にち冷ますだけで貫徹だ。

出来上がったプリンを家族で食べました。むむ?これは、マンゴーなのか?みかんくさい味わいでマンゴーと言い切らなければマンゴーじゃない不思議な味わいでした。ところでなんかどこかで食べたタイミング残るなぁ~として思い起こしたのが、しばしばバッフェのスイーツコーナーにおける味わいでした。これは、これで作っているのか!といった食堂の要素を知ってしまいました。なにはともあれ美味しくいただきました!ミュゼ うなじ