戯画脚本の実写写真からの離別が必要では?

コミックスクリプトの実写写真がすごく増えたか?
写真館に行けば、上映やる写真の候補のうち、2,3教科書はコミックをスクリプトとした実写写真になっています。
ただ、こういうコミックスクリプトの実写写真は案の定どれほど需要があるのでしょうか。
古くドラゴンボールやルパン三世間といった往年の名作が実写写真化されましたが、概ね評判が上がらずに候補から消えていうような気がします。
私の人目も、こんなコミックスクリプトの実写写真を見た者はぜんぜんいませんでした。
ただし、今でもコミックスクリプトの実写写真がリリースされているのはどうしたことでしょうか。
ほぼ、コミックスクリプトだと既に対話が固まっているため、写真クリエイター近隣が組み合わせままコンビニエンスを見込めることが考えられます。
また、スクリプトのファンの者がリピーターとして来ることも想定しているのだと思います。
但し、これはスクリプトファンをあまりに軽視した態度であることは明らかです。
このままではコミックスクリプトの写真どころか、写真オールがこの程度なのかって思われてしまう危険性があります。
疎ましい時期だからこそ、敢然と写真らしき写真を作ってほしいものです。お金借りるなら