雨の日のタクシーはなかなかすぐには捕まらない

いつもは大きな通りに出ればすぐにつかまるようなタクシーも、雨の日にはなかなか捕まらなかったりします。
大体がもうお客さんを乗せているか、大きなターミナル駅に向かうために、空車でも走行車線を走って止まる雰囲気を出さない車が多い気がします。
私も、普段なら歩いて電車の駅へと向かうものの、雨風が強い日にはとても面倒に感じるので、タクシーを使うことがあります。
だって、駅まで行く道の途中で足元はずぶ濡れになってしまうし、傘を差すために腕を一本犠牲にするのは、意外と不便なものです。
特に買い物をした帰りなんかは、片方の腕で重たいショッパーをいくつも握らなくてはならず、手提げが腕に食い込みます。
そういううんざりする気持ちや徒労感を考えると、タクシーにのってゆったり移動するのもいいかなと思ってしまうんですよね。
しかし、そう考えるのはもちろん私だけではないようで、この前は、タクシーを捕まえるのに10分も掛かってしまいました。

アニメ「ラブライブサンシャイン2期」について

アニメ「ラブライブサンシャイン2期」の事について書きたいと思います。第2話まで見ましたが、第3話の予測ができません。これから千歌達はどうなるのでしょうか?第1話はシリアスな展開でしたが、第2話はまったりとした展開でした。第2話の最後の方では、作詞ができたと言っていました。作詞ができたという事は、さっそく大会に出るのでしょうか?第2話のお寺の時の国木田花丸の顔は良い顔をしていました。第2話はやや神回だったかなと思います。黒澤ダイヤは常に嫌がられ役ですが、嫌がられ役を叩いているからこそ物事が進める事ができるようにも感じました。そういった意味で考えると、やはり黒澤ダイヤの存在は必要なのだと思いました。国木田花丸の「無」という漢字をみんなに見せているシーンは、国木田花丸の人柄が少し出ていたように感じました。「私の頭は空っぽで何も無いけど、その空っぽな事が良い事である」という事ですね。そしてその空っぽな事が、時として人を安心させる。ベルタ酵素 取り扱い店