底地というのはいろいろと大変ではあります

実に悩ましいところではありますが、そもそも底地というのは借地権として貸している土地であり、そこからの利益を引き出しにくい、そもそもそんな権利を設定しない方が底地とは本当にそんなに価値がないこともあります。しかし、貸せているわけですから、基本的にはそこまで問題があるわけではないです。ちなみに貸している期間が長いのであればそれだけ底地の価格割合からかなりのウエイトを占めてしまうことがあるのです。ですから、これは本当に厳しいことがありますから、注意しておきましょう。いざ、借地権者に売ろうとしても結構な金額が割り引かれてしまうことがあります。そこが難しいことになりますから、覚悟することです。借地権の買取というのをすることになりますと大変な交渉もあることでしょう。しかし、相続税などはそのまま評価されることになりますから、これが大変なわけであり、そこが重要になります。底地は今のままでも十分な利益になっているときは無視してもよいでしょう。

世界一難しい恋を久々にみて、最高に面白ドラマだったと再認識しました。

世界一難しい恋を久々にみました。大野智の素晴らしい演技でクスクス笑ってしまいました。
表情やセリフの抑揚が面白くて、さすがこのような作品は向いているなと思いました。

恋に不器用な社長の姿が凄く親近感が湧いて、とても可愛らしかったです。
一生懸命恋愛に向き合って、どうにかして彼女にしようと奮闘している姿は、勇気づけられました。
またドラマの中で出てくるゲーテの言葉がとても深くて、びっくりしました。
相手の欠点までも愛せないと真に愛しているとは言えないとは、本当だなと思います。

過去の恋愛を振り返っても相手の欠点が好きになれずに受け入れられずに別れていった気がしました。
その真の愛に向き合って、受け入れることが出来た時に結婚を迎えることが出来るのだと分かりました。
意外とコメディー要素の強いドラマでしたが、深いメッセージ性を感じることができました。
同棲生活をし始めて結婚するまでの次の第二弾の放送をして欲しいなと期待してます。